So-net無料ブログ作成
検索選択

菅新政権への期待、「皆持っている」−全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)の邉見公雄会長は6月10日の記者会見で、8日に発足した菅新政権について、「期待は皆持っている」と述べた。その一方で、「われわれは政権が代わっても何ら変わることはない。今まで言っていたことを言う」とした。

 邉見会長はまた、今年度の診療報酬改定について「困っている産科、救急、小児、外科の重点項目に(点数が)付いた。メリハリのある改定だったことは間違いない」と述べた。その上で、次回には、▽慢性期医療などに点数を付ける▽地域特性に基づいた評価を導入する―ことで、「日本の医療が少し救われると思う」との見方を示した。

 中島豊爾副会長は、「民主党の政策は部分的に見ると、ちぐはぐなことが結構ある」と指摘。「メリハリを付けた政策を続けてほしい」と述べた上で、「特に医療では、どの診療科も救急などは入院によらないとやれない部分がある。残りの一般的な医療は、できるだけ在宅、地域の中で生活をしながら提供していくことがどうしても必要だと思う」との考えを示した。


【関連記事】
今年度事業計画などを了承−全自病
【中医協】診療側が次期改定に向けた検討課題を提案
経営改善は「喫緊の至上命題」―全自病・邉見会長
厚労省の医師不足実態調査に協力−日病協
「プラス改定、素直に喜びたい」−全自病・邉見会長

賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
祖父降ろし忘れ車内に数時間、9か月男児死亡(読売新聞)
「通訳が誤り」、一審破棄求める=裁判員裁判で実刑、控訴審―大阪高裁(時事通信)
<お別れ会>栗原祐幸さん=10日、三島市民文化会館(毎日新聞)
富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)

天皇陛下、温首相と会見(時事通信)

 天皇陛下は1日午前、皇居・宮殿で中国の温家宝首相と会見された。中国要人との会見は昨年12月の習近平国家副主席以来。温首相との会見は2007年4月に次いで2回目。
 宮内庁によると、陛下は冒頭、「3度目の訪日なので、わが国への理解も進んでこられたのではないかと思います」と歓迎の言葉を述べ、温首相は「昨日の首相会談を経て、日中間で良い成果を得ることができました」と話し、両国関係の緊密化に向けた決意を語った。
 陛下は4月に起きた青海地震についても触れ、お悔やみを述べたという。 

【関連ニュース
【特集】「内燃化」する?中国の民主化運動
〔写真特集〕中国青海省地震
「二番底」回避へ国際協調を=中国首相
「外国企業、中国企業並みに対応」=経団連と昼食会
市民と「心の交流」楽しむ=ジョギングや野球で

自民・松村祥議員、後援会事務所の窓割られる (読売新聞)
宝田明さん追突事故=信号待ち車に、けがなし―東京(時事通信)
荒砥沢ダム 岩手・宮城内陸地震後、初公開(毎日新聞)
「船の祭典2010」スタート=香川県〔地域〕(時事通信)
「罷免するぞ」、福島氏に又市氏ら決着迫る(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。