So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最高齢棋士有吉九段が引退へ(時事通信)

 将棋の現役最高齢棋士の有吉道夫九段(74)が大阪市で2日行われた第68期順位戦C級2組の9回戦で敗れ、規定により引退が決まった。
 この日の敗戦で同組の下位8人以内が確定し、フリークラスへの降級が確実となった。同クラスに降級した場合は60歳が定年のため、3月31日付で自動的に引退となる。
 有吉九段は岡山県出身。故大山康晴十五世名人に師事し、1955年プロ棋士。攻めの棋風は「火の玉流」と呼ばれ、タイトル戦に9回登場、棋聖位1期を獲得した。通算成績は1082勝998敗。
 有吉九段は「55年間にわたりさまざまなことがありましたが、休場もしないで対局を続けられたことに喜びと満足を感じています」とコメントした。 

【関連ニュース】
羽生が勝ち1勝1敗=将棋王将戦
久保が先勝=将棋王将戦
渡辺が6連覇=将棋竜王戦
渡辺が3連勝=将棋竜王戦
渡辺が2連勝=将棋竜王戦

「ずさんな物品購入」発覚=5年間で427件、総額1億円−農水省(時事通信)
【施政方針演説】全文(7完)むすび「かたときも忘れることなく…」(産経新聞)
衆院代表質問 「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)
「消火栓」に防災道しるべ 神戸の会社 QRコード 観光客の避難助け(産経新聞)
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。